福井県敦賀市布田町84-1-18
TEL:0770-21-0252
 

弁護士プロフィール

弁護士  笠原一浩
著名な取り扱い事件

1.原子力関係

東京電力に対する損害賠償請求・福井弁護団の事務局長をしております。(同弁護団では、現時点では、主にADRによる申立を行っています。詳細は別紙をご覧ください。)
また、現在名古屋高裁金沢支部に係属している、大飯原発3・4号機の差止訴訟の弁護団事務局長もしております。同弁護団については下記をご覧ください。
http://adieunpp.com/
なお、現在、嶺南地域において、雇用の相当な割合が原子力に関係していることは否定できません。全国の人々が、良好な環境の元、安心して生活するためには、脱原発は不可欠といえますが、ポスト原発時代を見据えた嶺南の地域経済のあり方について、真剣に考えていきたいと思っています。

2. 消費者関係

消費者関係では、ライブドア被害弁護団に所属し、笠原は米国の証券詐欺事件に関する判例・論文を日本語訳する担当をしておりました。
なお、同弁護団についてはhttp://www.livedoor-higaibengodan.jp/をご覧ください。
同弁護団の縁で、MRI弁護団にも所属することになりました。アメリカが舞台であることから、海外の文献を翻訳する担当となっています。MRI弁護団については下記をご覧ください。http://www.mri-higaibengodan.jp/
武富士取締役の責任を追及する訴訟においては、当事務所が福井県における窓口となっておりました。同弁護団については、http://blog.livedoor.jp/takehuji/をご覧ください。

3.薬害肝炎

また、薬害肝炎(C型) 名古屋弁護団福井支部、薬害肝炎(B型)北陸弁護団にも所属しています。
各弁護団については、http://www.hcv.jp/(C型肝炎全国弁護団)、http://b-kan-hokuriku.cocolog-nifty.com/blog/(B型肝炎北陸弁護団)をご覧ください。
弁護士 森田 貴大(もりた たかひろ)
経歴
平成4(1992)年 越前市(旧武生市) に生まれる
平成22(2010)年 福井県立武生高等学校 卒業
平成26(2014)年 立命館大学法学部 卒業
平成28(2016)年 立命館大学法科大学院 卒業
同年 司法試験合格
平成29(2017)年 司法修習を修了し福井弁護士会に登録
みどり法律相談所に入所
抱負

地域の皆様のお力となれるよう、日々研鑽を積み、全力で業務にあたります。
お困りのことがあれば、まずはお気軽に事務所までご連絡ください。

弁護士 二之宮 健治
経歴

滋賀県彦根市出身。滋賀県米原市役所、西日本旅客鉄道株式会社、建設コンサルタント等での勤務経験を経て、2021年3月大阪大学大学院高等司法研究科卒業、同年9月司法試験合格、2022年12月みどり法律事務所に入所。

抱負

約22年の社会人経験を経て弁護士となりました。このたび地元に近い福井県敦賀市で弁護士登録をさせていただきました。
これまでの幅広い社会経験を活かし、皆様のお役に立てるよう全力で努力したいと思っております。
お困りごとがございましたら何でもお気軽に事務所までお問い合わせください。