弁護士プロフィール

弁護士  笠原一浩
経歴
昭和51(1976)年 福井市に生まれる
平成6(1994)年 福井県立高志高等学校卒業
平成10(1998)年 京都大学理学部卒業(地球物理学専攻)
平成10(1998)年〜平成13(2001)年 社会福祉法人共生福祉会(通称 わっぱの会)に在籍
平成14(2002)年 司法試験合格
平成16(2004)年 福井弁護士会登録
平成18(2006)年 独立し、みどり法律事務所を開設
役職
         
平成17年〜19年 福井弁護士会 犯罪被害者支援委員会 副委員長
平成18年〜20年 福井弁護士会 公害対策・環境保全委員会 副委員長
平成18年〜22年 福井弁護士会 憲法委員会 副委員長
平成18年〜21年 みどりのテーブル(平成20年より「みどりの未来」に名称変更)監査役
平成19年〜21年
平成22年〜24年
日本弁護士連合会 公害対策・環境保全委員会 副委員長(同委員会の委員は現在も継続)
平成20年〜 福井弁護士会 公害対策・環境保全委員長
平成22年〜 みどりの未来 運営委員(主に法務担当)
平成22年〜 日本弁護士連合会 国際人権社会権規約ワーキンググループ委員
平成22年〜 福井弁護士会 憲法委員会 委員長
平成24年〜 緑の党GreensJapan(「みどりの未来」が名称変更)運営委員
平成24年〜 日本弁護士連合会公害対策・環境保全委員会エネルギー・原子力部会長
著名な取り扱い事件

1.原子力関係

東京電力に対する損害賠償請求・福井弁護団の事務局長をしております。(同弁護団では、現時点では、主にADRによる申立を行っています。詳細は別紙をご覧ください。)
また、現在福井地裁に係属している、大飯原発3・4号機の差止訴訟の弁護団事務局長もしております。同弁護団については下記をご覧ください。
http://adieunpp.com/
なお、現在、嶺南地域において、雇用の相当な割合が原子力に関係していることは否定できません。全国の人々が、良好な環境の元、安心して生活するためには、脱原発は不可欠といえますが、ポスト原発時代を見据えた嶺南の地域経済のあり方について、真剣に考えていきたいと思っています。

2. 消費者関係

消費者関係では、ライブドア被害弁護団に所属し、笠原は米国の証券詐欺事件に関する判例・論文を日本語訳する担当をしておりました。
なお、同弁護団についてはhttp://www.livedoor-higaibengodan.jp/をご覧ください。 同弁護団の縁で、MRI弁護団にも所属することになりました。アメリカが舞台であることから、海外の文献を翻訳する担当となっています。MRI弁護団については下記をご覧ください。http://www.mri-higaibengodan.jp/
武富士取締役の責任を追及する訴訟においては、当事務所が福井県における窓口となっております(滋賀県の方もご連絡頂ければ幸いです)。同弁護団については、http://blog.livedoor.jp/takehuji/をご覧ください。

3.薬害肝炎

また、薬害肝炎(C型) 名古屋弁護団福井支部、薬害肝炎(B型)北陸弁護団にも所属しています。
各弁護団については、http://www.hcv.jp/(C型肝炎全国弁護団)、http://b-kan-hokuriku.cocolog-nifty.com/blog/(B型肝炎北陸弁護団)をご覧ください。
.
日弁連などでの活動報告

コスタリカ調査(2006年3月)[PDF]

第50回日弁連人権大会(2007年11月)[PDF]

北欧調査(2008年6月)[PDF]

ラムサールCOP10報告(2008年10月)[PDF]

第55回日弁連人権大会(2012年10月)[PDF]

東電損賠レジュメ[PDF]

福島シンポ報告[PDF]

日本国憲法アイヌ語訳・はじめに[PDF]

日本国憲法アイヌ語訳[PDF]

弁護士 山口征樹
経歴
昭和48(1973)年 滋賀県大津市 に生まれる
平成3(1991)年 滋賀県立石山高等学校卒業
平成4(1992)年 中央大学法学部法律学科入学
平成17(2005)年 司法試験合格
平成18(2006)年 福井にて司法修習を開始
平成19(2007)年 福井弁護士会に登録。みどり法律事務所に入所。
役職
平成20(2008)年〜 福井弁護士会犯罪被害者支援委員会 副委員長
抱負

嶺南地域の法的サービスを充実させるべく,日々の業務にあたる所存です。どうぞ,お気軽に事務所までご連絡ください。